リフォームのすすめ⑦

マンション改修

分譲マンションも長年住んでいるとリフォームしたくなります。マンションの場合、戸建住宅と異なり、一部個人では改修できない部分がありますので、お気をつけ下さい。

マンションは1つの建物を何人かで共有します。そのため、個人のものになる専用部分と住民みんなのものになる共用部分が存在します。たとえば、コンクリートの構造体は共用部分、仕上げの石膏ボードは専用部分というようにです。この仕分けはマンションの規約で細かく定められています。中には禁止事項が設けられている場合もありますので、改修を行う前に規約をじっくり読んで下さい。玄関ドアは専用部分ですが、ドア表面の仕上げだけは共用部分なんてこともありますから。

実際工事を行うことになった場合も規約上いろいろな制限がかけられる場合がありますので、着手前に施工担当者との打合せが必要です。こんな例があることを書いておきます。

・工事時間の制限(1日の内工事可能な時間、1週の内工事可能な曜日など) ・搬入経路の制限(使用可能な階段、エレベーターなど) ・共用部の保護養生 ・駐車場の制限

いずれにしてもご近所の方にご迷惑をかけることになりますので、トラブルを避ける為にも、必ずご挨拶に行きましょう。

#リフォーム

おすすめ記事
最新の記事一覧
アーカイブ
タグで探す
まだタグはありません。

Copyright (C) 2016 SUGIURAGUMI All Rights Reserved.