シックハウス


平成15年7月、建築基準法が一部改正され、シックハウスに関する規制が掛けられるようになりました。シックハウスは、建材、塗料を始めとする身の回りのものに含まれる化学物質にアレルギー症状を発症する人が近年増加し、一般問題として捉えられるようになりました。杉浦組も以前より原因となるであろう材料を調査し、有害な化学物質の含有量の少ない材料を使用して参りました。法規制化にあたり、条文を遵守した施工を進めていきます。

ただ、シックハウスの原因となる有害な化学物質は建物の材料だけに含まれるのではなく、家具、文具などの身の回りの生活用品にも含まれています。化学物質の他、湿気の多い場所に発生するカビ、チリやほこりやペットの毛や花粉などで構成されるハウスダスト、ダニの死骸や糞なども健康を害する原因になります。

シックハウスの対策としては室内の空気を入れ換え、換気を充分に行うことが大切です。杉浦組では建物の引渡しにあたり、できる限り窓を開けて換気をしてから引き渡すよう心掛けています。さらに自然素材(珪藻土、無垢材、自然塗料、自然壁紙など)を使い、カビの好む環境を作らないことです。設計者、施工者の知識と共に、お客様の心遣いが快適な住宅を作り上げてくれるのです。

住宅を建て替えるということは一生の内何度もあることではありません。計画の打合せ、お金の工面、片付けや引越し、税金、ガスや電気の切替、新聞・・・ストレスになりそうなことがいっぱいです。さらに新しい環境での生活が待っています。体調を壊しがちです。その辺りに配慮して、杉浦組ではお客様とのコミュニケーションを充分取るようにしています。不安を残さず担当者に遠慮なくお問い合わせ下さい。そして健康な生活を手に入れてください。

シックハウスに関するお問い合わせはこちら

#コラム

おすすめ記事
最新の記事一覧
アーカイブ
タグで探す
まだタグはありません。

Copyright (C) 2016 SUGIURAGUMI All Rights Reserved.