ユニバーサルデザイン


浜松市は平成15年に「浜松市ユニバーサルデザイン条例」を施行しました。ユニバーサルデザインは、すべての人が暮らしやすい社会を築いていこうという考え方です。物理的な障壁、制度的な障壁、情報・文化面の障壁、意識上の障壁など世の中にはいろいろな障壁(バリア)が存在します。今までこれを取り除こうというバリアフリーの考え方でしたが、これからは障壁(バリア)を作らない社会が求められてきます。公共の建築物、構築物はもちろん、多くの方が利用するものにはこのユニバーサルデザインの考え方を取り入れるべきだと思います。

杉浦組も福祉を考えるにあたり、ユニバーサルデザインの考え方を取り入れています。

・公共建物、道路を中心にハード面の施設整備に協力しています。 ・「ハートビル法」「福祉のまちづくり条例」を取り入れた人に優しい建物の提案をします。 ・工事現場周辺ですべての人に配慮した安全管理をします。 ・住み手に適した福祉設備を計画、設置します。高齢者、障害者、年齢、体格など条件にあった計画が必要です。(高齢者対応住宅相談員が応対します。) 介護保険法により、住宅改修費の支給サービスが実施されています。対象の工事だけでなく、利用する方の立場で、確実な施工をお届けします。

弊社社長の杉浦は、浜松市のユニバーサルデザイン計画に参画しています。

・平成13~14年度 浜松市ユニバーサルデザイン協議会(副会長) ・平成15年 浜松市ユニバーサルデザイン条例作成に参画 ・平成15~16年度 浜松市ユニバーサルデザイン審議会(副会長) ・平成16年度 浜松市公共建築物UDガイドライン策定部会(委員) ・平成17~18年度 浜松市ユニバーサルデザイン審議会(委員) ・平成17年度 浜松市UD顕彰事業(委員) ・平成18年度 浜松市ユニバーサルデザイン推進計画策定部会(部会長) ・平成18年度 浜松市公共建築物のUD設計標準策定部会(委員) ・平成19~20年度 浜松市ユニバーサルデザイン審議会(委員)/松市ユニバーサルデザイン市民リーダー養成講座(講師) ・平成21年度 国際ユニバーサルデザイン会議2010プレイベント「しずおかユニバーサルデザインの絆」(実行委員長) ・平成22年度 第3回国際ユニバーサルデザイン会議2010inはままつ(パネリスト)「浜松ほっとコーナー」(実行委員) ・平成23年度 第2次浜松市ユニバーサルデザイン計画策定協働会 会長 ・平成24年度 はままつユニバーサルデザイン国際シンポジウム012 パネリスト

ユニバーサルデザインに関するお問い合わせはこちら

#コラム

おすすめ記事
最新の記事一覧
アーカイブ
タグで探す
まだタグはありません。

Copyright (C) 2016 SUGIURAGUMI All Rights Reserved.